スポンサードリンク

小顔 スタイリング

小顔になるスタイリングの基本は卵型です!

小顔になりたいけど顔の形や大きさにより悩みは様々です。

以下に顔の形別に小顔に見えるスタイリングをご紹介します。

丸顔さんにベストな小顔スタイリングは、髪が横に広がるようなシルエットを避け、縦長ラインを作ることがポイントになります。

逆三角形さんにベストな小顔スタイリングは、アゴの細さがシャープな印象を強くしすぎるので、全体的に丸みを帯びたシルエットでソフトなイメージを作ることがポイントになります。

エラやハチが張っている方にベストな小顔スタイリングは、サイドのラインを抑え、縦のラインを強調する小顔スタイリングがポイントになります。

面長さんにベストな小顔スタイリングは、ロングヘアにすると、より縦に長い印象が強くなってしまうので、ショートからミディアムのスタイリングにすることがポイントになります。
| 小顔

小顔に見える髪形

小顔にするのは容易なことではありません。

でも小顔に見せることはそれ程大変なことではありません。

髪型を少し変えてみるだけで小顔に見えるようになるのです。

小顔に見える髪型とは、どのようなものでしょうか?

小顔に見せるには、顔と身体のバランスを整える髪型にするのが効果的だそうです。

しかし、自分の髪を、「小顔に見えるかも」と思って、美容院などでカットしてもらうと、イメージが違った場合には、後でどうすることもできません。

小顔に見せる髪型はいろいろありますが、ショートヘアの人は、髪のボリュームを抑えて、小顔にみせてみませんか?

小顔に見せるボリュームダウンヘアの作り方は、まず最初に髪全体をブローして、ボリューム感を出します。

髪のボリュームを抑えるこつですが、最初から抑えてしまわないことがポイントです。

次に、頭の後ろの方から髪を前に持ってきて、前髪を作りましょう。

大体、真ん中あたりで分け、上から髪を重ねていくように、櫛でとかしましょう。

子供っぽく見せない為に、分け目をつけないように注意しましょう。

ここまでできたら、最後にスタイリング剤を髪全体になじませてから、櫛で頭を抑えるように軽くとかしましょう。

これで、小顔に見せるボリュームダウンヘアの完成です。

ショートカットの人は、一度ボリュームダウンヘアを試してみませんか?
| 小顔

小顔マッサージ

小顔はマッサージが大事とよくいわれます。

でも忙しい方にとってマッサージする時間も無駄にはできません。

小顔になりたい!でもマッサージする時間がない・・・

そんな悩みを解消する簡単な小顔マッサージをあなたに伝授致しましょう。

本当に簡単な小顔マッサージですから是非お試し下さい。

1.口を開けたり閉じたりした時にくぼみが出来る部分を親指でおさえたまま、「あ・い」と発音するように、口を開けたり、閉じたりを10回繰り返す。

2.耳の付け根から鎖骨にかけて、指3本で上から下に8回強くマッサージ。次に、片方の耳の後ろから、もう一つの耳の後ろまでを、指3本で右から左、左から右へ交替に8回マッサージ。そして最後に、顔のほほ骨の下を、上に向けて指でゆっくり押す。

3。ケーキなどを買ったときに入れてもらう保冷剤を凍らせて、お風呂上りの顔に優しく下から上へなでなで、保冷剤が解けるまですれば顔のほてりも冷め、毛穴も顔も引き締まった感じがします。

如何ですか?

こんな簡単なマッサージで小顔になれるならやってみたいと思いませんか?

小顔マッサージは毎日やれば効果大です!

憧れの小顔を簡単小顔マッサージでゲットしましょう!
| 小顔

小顔とは

小顔に憧れる女性が最近増えているようですが、そもそも小顔とはどういうことなのでしょうか?

単に顔が小さい、または痩せているということなのでしょうか?

小顔とは、顔の輪郭がポイントなのか、例えばどんな顔が小顔といえるのでしょうか?

よくよく考えてみると不思議ですね。

顔型でいえば、エラが張っているホームベース型の輪郭はどうでしょう。

アゴが短くて丸型の輪郭の場合はどうでしょう。

反対に、アゴが細い痩せ型の顔立ちはどうでしょう。

顔型はいろいろありますが、どの顔型だから小顔だとはいえないようです。

小顔に見えるのは、むしろ顔のバランスだといわれます。

顔のバランスとして、顔の重心が上にある状態だと小顔だといえるのだそうです。

つまり顔の上部より下部、アゴや骨が小さい事が小顔の条件の一つであるようです。

他にも顔のむくみやたるみが無かったり、顔の骨格がゆがんでない状態であれば、何もしなくても小顔に見えることでしょう。

つまり小顔とは、バランスと形が大切だということです。
| 小顔

スポンサードリンク